フォローする

2019-10-31 Safari の ITP2.3 の影響に関して

日頃より Kaizen Platform をご利用いただき誠にありがとうございます。

Apple社のITP2.3導入に伴う、Kaizen Platformへの影響についてお知らせいたします。 

ITP2.3の概要

2019年9月にSafariのサイト越えトラッキング防止の機能がアップデートされました。

1. localStorageへの影響

特定の条件を満たす場合、localStorageの有効期限が上限7日間となる可能性があります。
これに該当すると、localStorageでユーザーを判定しているサイトにおいて、ユーザーがWebサイトに訪問してから8日後に再訪問した際、別のユーザーと判定されます。

以下の条件を全て満たす場合

・条件1:Safari13以降のブラウザを搭載する、iOS 13、mac os 10.13以降

・条件2:Safariの設定で「サイト越えトラッキングを防ぐ」が有効になっている場合(デフォルト設定で「有効」)

・条件3:Safariによってトラッカー判定されたWebサイトからの遷移

・条件4:リンクデコレーションされたURL(クエリパラメータまたはハッシュ付きのURL)から遷移してきた場合

2. リファラーへの影響

特定の条件を満たす場合、取得できるリファラーがドメインのみに制限される可能性があります。

以下の条件を全て満たす場合

・条件1:Safari13以降のブラウザを搭載する、iOS 13、mac os 10.13以降

・条件2:Safariの設定で「サイト越えトラッキングを防ぐ」が有効になっている場合(デフォルト設定で「有効」)

・条件3:Safariによってトラッカー判定されたWebサイトからの遷移

・条件4:リファラーがリンクデコレーションされたURL(クエリパラメータまたはハッシュ付きのURL)の場合

WebKit公式ブログ

Kaizen Platform への影響

2019年4月22日のリリースで、ITP2.1への対応として、ブラウザのlocalStorageとcookie(1st Party Cookie)を併用することで、ユーザーを特定する仕様に変更いたしました

この対応により、cookieの有効期限が制限された場合でも、長期にわたって同一ユーザーを特定することができるようになっております。

ただ、今回のITP2.3の導入でlocalStorageにも有効期限が設定されることにより、特定の条件を満たした場合のみですが、ユーザーがWebサイトに最後に訪問してから7日間訪問せず、8日後に再訪問すると、別のユーザーと判定されてしまう可能性があります。

現在、Kaizen Platformの計測へどの程度の影響があるか検証を進めております。

検証完了後、影響範囲、対応方針含めて、改めてお知らせいたします。いましばらくお待ちください。

 

今後とも皆様の使いやすいプロダクトとなるよう、改善してまいります。
ご不明な点などございましたら、お問い合わせフォームまたはチャットよりお問い合わせください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。