フォローする

Kaizen Platformのタグがページスピードに与える影響について

 

このページについて

KaizenPlatform導入に伴い、ページスピードに与える影響について記載しています。

 

ページスピードに与える影響

Kaizen PlatformのタグはJavaScriptによってページ要素を上書き処理してデザインを改善しています。そのため、タグを設置していない状態と比較すると原理的にページの表示速度に影響を与えることになります。この影響は、JavaScriptをベースにしている全てのA/Bテストツールで発生します。

 

KaizenPlatformの取り組み

この影響を軽減するため、Kaizen Platformではタグのパフォーマンスを改善する取り組みを継続的におこなっています。

2020年10月には、タグ起因のTBT(*)が従来より38%改善するアップデートを実施しました。
https://kaizenplatform.com/news/2020-10-29-kaizenengine-update

お使いの環境によっては、タグのバージョンが従来のままの場合もあります。
タグのバージョンを確認するには、サポートにお問い合わせください。

またもしタグのバージョンが最新の場合で表示の読み込み速度に問題がある場合、
タグをGTM経由ではなく直接貼る対応や、GTM内のタグ配信優先度を上げることで表示速度が改善されることがございます。
詳細は、下記ヘルプページをご確認ください。

 

* TBT(Total Blocking Time)
JavaScriptなどによりユーザー操作がブロックされうる合計時間。

FID (First Input Delay…ユーザーがWebページに訪れてから初回アクションに対する反応速度を測る指標)はWebサイトに訪れたユーザーの実地データに基づく統計指標であるため検証しづらく、代替指標であるTBTによって効果測定をすることが推奨されています。
参考(外部サイト): https://web.dev/optimize-fid/

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。