フォローする

順不同クエリつきターゲットURLの設定方法

Screen_Shot_2020-06-10_at_3.27.34_PM.png

概要

ターゲットURLにクエリパラメータをつける場合、必ずしも順序が固定ではない場合があります。

例)

http://example.com?k1=v1&k2=v2 および

http://example.com?k2=v2&k1=v1

実施しているテストにて、

順不同のパラメータつきURLを対象にしたい時に有効な設定になります。

 

設定方法

1. エクスペリエンス設定画面を開く

Screen_Shot_2020-06-10_at_3.50.32_PM.png

 

  • 以下のように、順不同なクエリパラメータ(foo=, bar=など)つきURLにマッチさせたい場合の記述方法を後述します。

https://example.com?foo=v1&bar=v2&baz=v3
https://example.com?bar=v2&baz=v3&foo=v1
https://example.com?baz=v3&foo=v1&bar=v2
https://example.com?bar=__v2__&baz=123abc&foo=v1
https://example.com?baz=v3&foo=v1&bar=xa
https://example.com?baz=v3&foo=v1&bar=v&2&ext=1234abcd____5678efgh

 

2. 正規表現を書く

 

正規表現全般の実用例については、以下ご参照ください。 cf. 正規表現の実用例 – Kaizen Platform ヘルプセンター

今回、順不同なクエリパラメータにマッチさせるため、独自の正規表現 <正規表現> 記法を使います。

例えば、foo=任意の値が0文字以上 というクエリにマッチさせたい場合、

<foo=.*> という独自の正規表現を使うと、任意の位置でマッチします。

同様に、bar=数字 1 桁以上 なら <bar=\d+>

同様に、baz=英数字orアンダースコア 8 桁 なら <baz=\w{8}>

cf. \w  すべての半角英数字とアンダースコア を意味する正規表現

以下のように正規表現を書けば、上記具体例にすべてマッチする正規表現となります。

https://example.com<foo=\w+><bar=\w+><baz=\w+>

Screen_Shot_2020-06-10_at_3.27.34_PM.png

独自の正規表現の挙動は、以下で動作確認ができます。

正規表現チェックツール - Kaizen Platform

以下のように、チェックできます。

Screen_Shot_2020-06-10_at_3.27.13_PM.png

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。