フォローする

Customer Datastore 構成の全体像

このページについて

Customer Datastore の構成の全体像について説明します。
Customer Datastore には、「ユーザー行動ログ」と「ユーザー属性」という二つの Datastore があります。

ユーザー行動ログ

ユーザー行動ログは、Kaizen Platform の JavaScript コードが設置してあるページにおいて、ユーザーの「ページ訪問」や「要素のクリック」等の行動ログを収集・集計することで、「閲覧人数表示」や「ランキング表示」等の施策を実現することができます。

__________2.png

ユーザー属性

ユーザー属性は、JavaScript コードが設置してあるページにおいて、ユーザーの「閲覧履歴」や「セグメント区分」を設定することで、「閲覧履歴表示」や「会員ランク区分」等の施策を実現することができます。

_______.png

ユーザー行動ログの取得

Javascript コードが設置してあるページでは、自動的にユーザーの行動ログが送信され、Customer Datastore へ蓄積されます。

行動ログのカラム仕様
行動ログを送信するイベントの種類

 

ユーザー行動ログの集計と情報取得

蓄積された行動ログを集計することで、閲覧人数表示やランキング表示などの施策を実施することができます。

行動ログのバッチ集計と活用方法

ユーザー属性の設定と取得

Webページに訪れているユーザーの属性を Customer Datastore へ記録・保持することができます。上述の集計に用いたり、ABテストの実行条件に利用することができます。

ユーザー属性の設定と取得

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。