フォローする

第3弾「気づくと築く、投稿前のプレビュー表示」

採用率との関係性

エディター画面の右下にさりげなく表示されている「プレビュー」ボタンを皆さまはお気づきでしょうか?
実は、採用率を上げるための「気づき」と、その原因を「築く」うえでプレビュー表示が重要な役割を担っています。

先に「気づく」方をご説明しますと、デザインをご投稿いただく前に「プレビュー」を確認することで、意図したデザインになっているか、表示崩れや見落としなど事前に気づくことができます。

ご投稿いただく前に確認する習慣をつけることで、

  • デザインの修正が減り
  • 「次ラウンド用のデザイン案」に反映されるまでの待ち時間が減り
  • カスタマーの期待値が上がります

また、改めてデザインを見直すことで、違った角度からアイデアが生まれることもございます。

この「気づき」の積み重ねがより良いデザインを生み出し、グロースハッカーとカスタマーの皆さまの信頼関係を「築き」、採用率アップへ繋がっていきます。

チェックポイント

  • プレビューページを上から下まで目視で確認
  • ページ内にアコーディオン(開閉コンテンツ)やポップアップコンテンツなど、動きのあるコンテンツが含まれる場合、それらをクリックし意図したデザインになっているか確認

チェック方法

テストオファー:練習用オファー④
テストページ:物件詳細
デザイン変更:物件写真下の「NEW」「動画」「写真」アイコンを削除

  1. デザイン投稿前にエディター画面右下の「プレビュー」ボタンをクリック
    1.png
    • 今回エディタに入力したソースコードは$(".list-tag").remove();
  2. プレビューページを上から下まで目視で確認


  3. ページ内にアコーディオンやポップアップなど、動きのあるコンテンツが含まれている場合、要素をクリックし中身を目視で確認


  4. 意図したデザインになっていればプレビューページを閉じ、デザインを投稿

  5. 意図したデザインになっていなければ、Chrome デベロッパーツールで該当箇所のHTML要素を確認
    5.png
    • $(".list-tag").remove();だと、ページ内のクラス「list-tag」タグ全てが削除されてしまうため、物件写真の下のアイコンをピンポイントで削除するためには「.list-pic > .list-tag」と指定する必要があります
  6. エディターに戻り、意図したデザインになるようソースコードを修正
    6.png

  7. 再度「プレビュー」ボタンをクリックし「2」と「3」を確認、意図したデザインになっていればプレビューページを閉じ、デザインを投稿

 

採用率を上げる・修正を減らすTips

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。