フォローする

Site Analytics の利用方法

このページについて

このページでは、テストページ選定に特化したアクセス解析ツール Site Analytics の利用方法について説明します。

Site Analytics: テストページ選定に特化したアクセス解析ツール

Site Analytics はテストページ選定に特化したアクセス解析ツールです。複数ページをまとめて、訪問数、離脱数、CVR 傾向などを把握でき、高い改善効果の見込めるページ選定を誰でも簡単に実施できます。

_____.png

Site Analytics の利点

使用が簡単

サイトに Kaizen JS タグを設置するだけで自動でサイト行動ログを収集。推奨設定の提案ツールや正規表現作成支援ツールにより、アクセス解析があまり得意でない方でも迷うことなく設定ができ、Site Analytics を使用して迅速に分析レポートを作成し、テストページ選定を実施できます。

柔軟な設定

完全一致、前方一致、後方一致、正規表現などの設定で、自由にページをグルーピングしてレポートを作成することができます。設定したページグループ定義を利用して過去に遡ってレポート作成ができるため、後から異なる軸でグルーピングし直して分析することが簡単に行えます。

高速な分析

サイト改善において失敗よりも怖いのは停滞することです。もっとも重要な常に何かをテストしている状態を達成するために、開始ページおよびサイト全体のトラフィックとコンバージョン傾向から、必要最低限の高速な分析を行うことで、すぐにテストの実行に移ることができます。

Site Analytics の仕組み

  • Kaizen JS タグを設置してユーザ行動ログを収集
  • Site Analytics 上でサイト設定
  • Site Analytics 上でレポート作成
  • レポートを元にテストページ選定

Site Analytics の利用方法

準備手順

1. 対象サイトに JavaScript タグを設置します。設置方法はこちらをご覧ください。

2. Kaizen Platform K2 にログインします。

3. Kaizen Platform K2 においてゴールを作成します。ゴール作成方法はこちらをご覧ください。

アクセス手順

Site Analytics はサイドメニューからアクセスできます。Site Analytics を開くには Kaizen Labs の中にある Site Analytics のメニューをクリックします。 または https://site-analytics.kaizenplatform.net から直接アクセスすることも可能です。

利用手順 1: 組織選択

  • Site Analytics を設定する組織を選択
    • 右上部のプルダウンから設定する組織を選択

____.png

利用手順 2: サイト設定

  • サイト設定を作成する
    • 「新規サイト設定を追加する」をクリック
    • 基本設定
      • サイト名を入力
      • デバイスタイプを選択
      • ホスト名を入力
      • 除外 URL パラメーター、除外リファラー、除外 IP アドレスがある際は入力
      • 入力後、「サイト設定を保存する」をクリック
    • ページグループ設定
      • ページグループを追加する 
        • 「ページグループを追加する」をクリック
        • 「編集する」をクリック
        • ページグループ名を入力
        • ページグループカラーを選択(※任意)
        • 「URL条件を追加する」をクリック
        • ページグループを保存する
      • ページグループを繰り返し追加する
      • 入力後、「サイト設定を保存する」をクリック

_____________.png

利用手順 3: レポート作成

  • レポートを作成する
    • 「レポートを新規に作成する」をクリック
    • レポートタイトルを入力
    • レポートを作成する対象サイト設定を選択
    • 集計対象期間を設定
    • コンバージョンとして計測するゴールを選択
    • 「レポートを作成する」をクリック

_______.png

利用手順 4: レポート閲覧

  • レポートを確認する
    • 「レポートを開く」をクリック
    • サイト設定で作成されたページグループごとのアクセス状況を確認

_____.png

Site Analytics の FAQ

全体

  • Beta 機能とは?
    • Site Analytics は Beta 機能として提供しています
    • Beta 機能の利用に関する注意事項はこちらをご確認ください
  • Issue Finder との違いは?
    • Issue Finder も Site Analytics と同様にテストプランニングを支援するツールです
    • Issue Finder は、設定をほとんどすることなくサイト全体で課題のある開始ページを発見することができますが、ページグループを定義する機能は実装されていないため、開始ページがたくさん存在するサイトには不向きでした。Site Analytics はページグループ定義をすることで、分析したい粒度やテストを実行したい粒度でページをグルーピングして分析レポートを作ることができます。

レポート作成について

  • 「指定された条件に一致するイベントトラッキングログが存在しません」と表示された
    • 原因1: Javascript タグが設定されていない
      • 対象サイトに JavaScript タグの設置が必要です。設置方法はこちらをご覧ください。
    • 原因2: 集計期間にイベントトラッキングログが存在しない
      • 対象サイトへの JavaScript タグ設置前の期間を指定しているか、 集計期間にサイトへのアクセスがない期間を指定している可能性があります。レポート作成において集計対象期間を見直してください。
    • 原因3: サイト設定で除外条件を間違っている
      • サイト設定における「ホスト名」、「除外 URL パラメーター」、「除外リファラー」、「除外 IP アドレス」を見直してください。
  • 作成済みレポートの集計期間は後から変更できますか?
    • 作成済みレポートの集計期間は変更できません
    • 確認したい期間ごとにレポートを作成し、レポート単位で比較・確認を行ってください
  • 作成済みレポートにサイト設定変更は影響しますか?
    • サイト設定を変更しても自動で作成済みレポートへ反映されません
    • サイト設定変更後に、作成済みレポートをコピーして新たにレポートを作成してください

レポートについて

  • セッションの定義は?
    • セッションとは、特定の期間にサイトで発生した一連の操作のことです
      • 閲覧開始数、ユニークセッション数はこのセッションの発生回数を表します
    • セッションは次の条件を満たしたときに終了します 
      • 時間による期限切れ
        • 操作が行われない状態で 30 分経過後
        • 午前 0 時を跨いだ場合
      • 外部サイトからの流入
        • リファラーが「ホスト名」で指定したホスト以外になってる場合
  • 流入元の定義は
    • リファラーや UTM パラメータを元に自動で識別します
  • 訪問履歴の定義は?
    • 「新規訪問」
      • 過去 30 日以内ではじめてサイトに訪問したユーザーのセッション
    • 「再訪問」
      • 過去 30 日以内でサイトを訪れたのが 2 回目以上のユーザーのセッション
  • K2 の他レポートと数値がずれる原因は?
    • Site Analytics のセッション維持時間は一律 30 分で集計を行います。K2 のエクスペリエンスは、エクスペリエンス単位でセッション維持時間を設定いるため、訪問数や CV 数が異なる可能性があります
    • また、Site Analytics は「サイト設定」の「ホスト」で指定されたホスト以外のリファラー経由でアクセスした場合は、そのセッションを新規セッションとみなします。K2 のエクスペリエンスではセッション維持時間の間はセッションが維持させるため差違が生じる可能性があります
  • 他アクセス解析ツールと数値がずれる原因は?
    • アクセス解析ツールと Site Analytics ではユーザ行動ログ収集やデータ集計の仕組みが異なるので同じになることはありません
    • 目安として 10% 以上差がある場合はどちらかの設定が間違っている可能性が高いと考えられます。アクセス解析ツールおよび、Site Analytics の設定をご確認ください

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。