フォローする

KaizenのJSコードを非同期読み込みさせた場合の注意点

ページが生成される際、ソースコードが上から順番に読み込まれますが、同期処理と非同期処理で以下のような違いがあります。

同期の場合

scriptタグの読み込み位置に来た時、ページ(DOM)の構築処理が中断されて、scriptタグが読み込まれます。

非同期の場合

scriptタグが読み込み位置に来た時、ページ(DOM)の構築処理を中断せず、ページ(DOM)構築完了後にscriptタグの読み込まれます。

こちらのヘルプページでも説明されていますが、kaizenのJSコードが読み込まれてからデザインの反映などが行われるため、元のページデザインがチラつく発生する可能性が高くなります
※ その他にもチラつきの原因はございます。こちらのヘルプページに一例が記載されております。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。