フォローする

対象URLを偶数・奇数で振り分けする方法

対象のURLが数字の羅列になっている場合や末尾に数字がつく場合に、奇数や偶数で対象のURLを振り分ける方法になります。

まず、ターゲットで設定するURLを正規表現に変更します。

正規表現では、http://kaizen.com/[数字] のように記述することで特定の数字や文字列を対象にすることができます。

 

偶数の場合

数字の末尾を「 0 or 2 or 4 or 6 or 8」という意味の正規表現で設定することで偶数を対象にした設定になります。

正規表現の記述は、[02468] になります。

具体例は以下のようになります。

https://kaizenplatform.com/\d+[02468]$

 

奇数の場合

数字の末尾を「 1 or 3 or 5 or 7 or 9」という意味の正規表現で設定することで奇数を対象にした設定になります。

正規表現の記述は、[13579] になります。

具体例は以下のようになります。

https://kaizenplatform.com/\d+[13579]$

 

他の正規表現の実用例のご用意もしておりますので、参考にしてください。

 

設定した正規表現が正しいか、チェックするためのツールをご用意しておりますので、ご確認ください。

以下のURLからチェックツールにアクセスできます。

https://docs.kaizenplatform.net/ja/regexp/

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。