フォローする

デザインを改善するページの URL と 除外する URL

このページについて

このページでは エクスペリエンスの デザインを改善するページの URL や カスタムゴール で URL を指定する際に使う 改善する URLと 除外する URL について説明します。

デザインを改善するページのURL と 除外する URL

対象となるページが1ページの場合は デザインを改善するページの URL に 簡易一致 で該当ページのURLを入力します。
対象が複数ページの場合は URLを追加 を押して入力欄を追加して複数の URL を入力することができます。

ショッピングサイトの商品ページ、不動産サイトの物件ページなどで、 URL の一部だけが異なるようなケースでは、正規表現を使うことでまとめて エクスペリエンスを実施することができます。

除外する URL を設定すると デザインを改善するページの URL で指定した URL の中から一部の URL を除外することができます。対象のページを正規表現などでまとめて設定したものの、一部を例外として除外したい場合にご利用することができます。

一般的な URL の構成

URL は以下の要素で構成されています。

  • スキーム
    • https:// や http:// にあたる部分です
  • ホスト名
    • www.example.com にあたる部分です
  • パス名
    • ディレクトリとファイル名の部分です
  • パラメータ
    • 検索条件など、サーバーへ受け渡す情報です

簡易一致

Kaizen Platformで最もよく使われる設定です。

  • 指定したURLがテスト対象URLになる
  • 入力 URL の スキーム 部分が https:// でも http:// でもテスト対象URLになる
  • 後ろにどんなパラメータ(?aaa=1 や ?bbb=2)をつけてもテスト対象URLになる

入力 URL が http://www.example.com の場合、 一致 と 不一致 は以下のようになります。

  • 一致
    • http://www.example.com
    • https://www.example.com?aaa=1
    • http://www.example.com?aaa=1&bbb=2
  • 不一致
    • http://example.com
    • http://www.example.com/index.html

また、入力 URL が http://www.example.com?aaa=1&bbb=2 の様にパラメータを指定した場合、「そのパラメータ が全て含まれていれば、他の パラメータが含まれていても 一致」となるため、 一致 と 不一致 は以下のようになります。

  • 一致
    • https://www.example.com?aaa=1&bbb=2
    • https://www.example.com?bbb=2&aaa=1
    • http://www.example.com?xxx=1&aaa=1&yyy=2&bbb=2
  • 不一致
    • http://example.com
    • http://www.example.com
    • http://www.example.com?aaa=1
    • http://www.example.com?aaa=1111&bbb=222

正規表現

正規表現 はいくつかの URL をまとめて指定することができる文字列です。
以下のようなパターンを利用できます。

  • . ピリオド
  • ^ 文字列のはじまり
  • $ 文字列の終わり
  • () グループ化
  • ? 直前の文字(またはパターン)が0回または1回現れる
  • * 直前の文字(またはパターン)が0回以上繰り
  • \d 半角数字1文字

例えば 正規表現 で以下のように URL を指定した場合は

^https?://(www\.)*example\.com/result/\d+$

以下のような URL が 一致 の扱いになります。

  • http://www.example.com/result/123
  • http://example.com/result/123
  • https://www.example.com/result/56789

完全一致

完全一致 は入力した URL と全く同じである場合のみ 一致 扱いとなります。
スキーム 部分は https:// でも http:// でも両方で 一致 扱いとなります)

前方一致

前方一致 は入力した文字列ではじまる URL が 一致 扱いとなります。
スキーム 部分は https:// でも http:// でも両方で 一致 扱いとなります)

http://www.example.com

と入力した場合は

  • http://www.example.com/
  • https://www.example.com/123
  • https://www.example.com/result/56789

などが 一致 扱いとなります。 

なお http://www.example.com?aaa=1 と入力した場合、簡易一致のように?aaa=1がパラメータとしてどう含まれていても 一致 扱いになるのではなく、あくまで?aaa=1から始まる場合のみ 一致 扱いになるのでご注意ください。

部分一致

部分一致 は入力した文字列が URL に含まれる場合に 一致 扱いとなります。

example.com/123

と入力した場合は

  • http://www.example.com/123
  • https://example.com/123456
  • http://www2.example.com/123//456

などが 一致 扱いとなります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。