フォローする

要素の場所移動をする時に有効なメソッド

どんなケース?

要素の位置を変更したいときに「append」や「before」など要素を追加する編集を行うと固定化してしまうことがあります。
他にもエディターの「HTMLを編集」から要素の位置を変更するソースコードの書き換えを行うと「replaceWith」などで書き換えが行われるため、固定化せずに要素の移動が行えない場合などに有効な手段になります。

有効なメソッド

  • insetBefore

移動させたい要素のidやclassを指定して移動します。
他の指定した要素の上に移動します。
下記のように記述します。
$(".C").insertBefore(".A");

  • insertAfter

移動させたい要素のidやclassを指定して移動します。
他の指定した要素の下に移動します。
下記のように記述します。
$(".C").insertAfter(".A");

  • appendTo

移動させたい要素のidやclassを指定して移動します。
他の指定した要素の中の後ろに移動します。
下記のように記述します。
$(".C").appendTo(".A");

  • prependTo

移動させたい要素のidやclassを指定して移動します。
他の指定した要素の中の先頭に移動します。
下記のように記述します。
$(".C").prependTo(".A");

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。