フォローする

動的要素の固定化について

固定化の意味

何かの要素内で変化している値や属性を、決まった値を入れて、値・属性を変化させないようにすることです。
また、変化している値・属性を扱っているページを「動的なページ」と言います。

例えば、下記画像のように同じデザインを使い中身を変更している場合です。

これは同じHTML・CSSをコピーして、表示される文字を変更しファイルを複数作成するわけではなく、
1つのファイルを使用して、そこの中に入る値を変化させています。
なので左から順にアクセスをしていってもURLは変わらず、中身の値のみが変化するようになっています。

この動的なページに対して、タイトルの部分のみを固定化させてみます。
$("タイトル部分のid名 or class名").text("こちらを固定化します。");

変更すると以下のようになります。

同じ順番で左から順にすると、下の項目の部分は変化するものの、
タイトル部分は決まった値を入れてしまっているので、同じタイトルが表示されてしまっています。

これが「値が固定化されてる」状態になります。

よくある事例

「aタグが固定化されているので、動的にしてください」
→ aタグ内の遷移先(href)の値が動的に変化するが、
 元ページの値をそのままコピーしているので固定化されている状態になっている。

「tableタグ内の値が固定化されているので、動的にしてください」
→ table内に書かれている情報(電話番号,住所等)が動的に変化するが、
 オリジナルデザインの要素を情報ごとコピーされているので固定化される状態になっている。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。