フォローする

2次審査(デザイン&コードチェック)について

2次審査シート ver.1.3

Kaizen Platformでは、グロースハッカーの皆さまからご投稿いただいたデザイン案を、日々審査しております。
デザイン案採用後に行われる2次審査では、下記シートの項目、対象ブラウザ、デバイスに基づき審査をしております。
投稿いただく前に、ご一読ください。
デザイン案制作時における漏れや不具合、そして差戻しを防ぎ、投稿の質を上げることが出来るとともに、再投稿の手間を省くことが出来ます。
なお、2次審査とは、デザインチェックとコードチェックを含みます。※1

※1 弊社で行っている審査は、一定の品質でデザイン案を提供するものであり、全ての不具合の発見を担保するものではありませんので、必ずご自身でチェックを行ってください。

※2 保有端末リストについての、端末選定基準は、以下のとおりです。

  • 現時点でのOSシェアにおいて大部分を占める、または一定のシェアを有するもの
  • 各端末の画面サイズに違いがあるもの
  • それらの端末のサイズや機種が重複しないもの

※3 審査における現在の端末の選定基準は、以下のとおりです。(関連リンク:デザイン案の審査と採用

  • iOS 7以上のSafari
  • Android 4.0以上のChrome
  • 各デザイン案に対して、上記OSの各1端末ずつで検証
  • 審査されるデザイン案は、上記「端末の選定基準」の中のアトランダムの実機で行われる

2次審査シート リリースノート 

2017.06.01 2次審査シートver.1.3を公開しました。

  • 6月1日(木)より、PC&Mac向けの審査対象ブラウザに、Microsoft Edgeが追加されました。

2017.05.22 2次審査シートver.1.2を公開しました。

  • 4月18日のアップデートに伴い、スマートフォンとタブレットの対応OSをiOS 9.0以上、Android4.2以上に変更しました。
  • 4月18日のアップデートに伴い、PC&Macの対応ブラウザを、Chrome最新版、Firefox最新版、Safari最新版、IE11に変更しました。

2017.03.10 2次審査シートver.1.1を公開しました。

  • スマートフォンについて、確認端末とブラウザを、iPhone : Safari、そしてAndroid : Chromeでの確認を行うと明確に定めました。
  • タブレットについて、確認端末とブラウザを、iPad : Safari、そしてAndroid : Chromeでの確認を行うと明確に定めました。

2017.03.10 バージョン管理を一つのシートとして、まとめました。

2016.12.07 2次審査シート (タブレット) ver.1.0を公開しました。

2016.12.07 2次審査シート (PC&Mac) ver.1.0.1を公開しました。

  • "PC"の表記を"PC&Mac"に変更。

2016.12.07 2次審査シート (スマートフォン) ver.1.0.1を公開しました。

  • "SP"の表記を"スマートフォン"に変更。

2016.07.01 2次審査シート ver.1.0を公開しました。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。