フォローする

簡易一致について

簡易一致についてご説明いたします。

簡易一致とは

easy-regex-1.png

KaizenPlatformにてURLの設定を行う際、デフォルトでは「簡易一致」と設定されているかと思います。
要約すると下記のようなになります。

  • 指定したURLがテスト対象URLになる
  • 通信プロトコルを気にせず使用することができる( httphttps の違いを吸収してくれる)
  • パラメータ( ?kaizenTest=1?kaizenTest=1&testKaizen=2 )を指定すると、そのパラメータが含まれているURLが対象になる

といったものになります。

どのように設定されているのか

「簡易一致」と指定された場合、どのようにして テスト対象 としているのか。
設定されているURLを元に、正規表現に変換をしております。

その正規表現を元に、テスト対象URLかどうかを判断することができます。

エクスペリエンスに設定されたURLは initメッセージ にて確認することができます。

easy-regex-2.png

正規表現については、 こちら をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。