フォローする

クリックトラッキング

このページについて

このページでは クリックトラッキング(クリックトラック) の設定について説明します。

クリックトラッキングについて

Kaizen Platform K2 では カートに入れる ボタンや 詳細を見る リンクなど、ページの特定箇所がクリックされたことをコンバージョンとして計測する クリックトラッキング 機能を用意しております。 以下のような場合は ページ訪問 型ではなく クリックトラッキング 型でゴールの設定をして、 エクスペリエンスを実行することを推奨します。

ターゲットとゴールの URL が同じ場合

入力フォームは遷移するが、同じURL内で処理されてしまう場合、デザインを改善するページの URL とゴールの URL が同一の URL に設定されるのでエクスペリエンスが実施できません。そこで入力フォームの最終確認画面を表示させるボタンのアクションに、クリックトラッキングを活用することで、エクスペリエンスを実行する事ができます。

外部のサイトへのアクションを増やしたい場合

スマートフォンサイトに対してエクスペリエンスを実施し、App Store へのアクションを増やしたいが、App Store 内に Kaizen Platform のタグは設置できません。そこでApp Storeへのリンクボタンに、クリックトラッキングを活用し、エクスペリエンスを実行、クリック数計測を行う事ができます。

※なお、クリックトラッキングはあくまで代替案ですので、どちらも使える場合はページ訪問型でのゴール測定を推奨しております。
ページ訪問型であれば使い回しが可能ですが、クリックトラックの場合、タグをテストごとに発行し続けないといけないため、より手間がかかります。

クリックトラッキング型のゴール作成・設定方法

クリックトラッキング 型のゴールは以下の手順で作成・設定します。
※ クリックトラッキング のコードが設置されるページに Kaizen Platform K2 の JavaScript コードが設置されている前提の説明になります。

  1. エクスペリエンス設定画面の ゴール で新しいゴールを作成します。
  2. ゴールの名前を入力し、 ゴールの種類 で クリックトラッキング を選択します。
  3. トラッキングコード が表示されます。設定例を参考にして、ページ訪問者のアクションを計測したいボタンにコードを設置してください。 トラッキングコード の数字はゴール毎に異なりますのでご注意ください。
設定例
<!-- link -->
<a href="..." data-kz-track-on-click="XXXX">この商品をカートに入れる</a>
<!-- form -->
<form action="...">
 <button type="submit" data-kz-track-on-click="XXXX">会員登録する</button>
</form>
<!-- any other element -->
<div data-kz-track-on-click="XXXX">資料を請求する</div>
  1. ゴールの編集を保存し、エクスペリエンスの設定も保存します。
  2. トラッキングコードを設置したボタンをクリックし、エクスペリエンスの設定画面の  _ JavaScript コードステータス_ で正常に動作しているか確認します。

※どちらか一方でも正常に受信できていない場合には、お手数ですがチャットかメールにてサポートチームまでお問い合わせください。

APIについて

クリックトラッキングのAPIを利用することで、特定条件でのみのゴール計測をすることができます。
利用のためには、Kaizen PlatformのJSタグに加えて、JavaScriptのif文とクリックトラッキングゴールのAPIをページに設置する必要があります。

API利用例

<script>
if(条件式){
  try { kzs('trackClickGoals', ゴールID); } catch (e) {};
}
</script>

このAPIを使うことで、以下のような複雑なゴールの取得が可能となります。

  • サイト側で既に設定されているイベントの後にゴールを発火させる
  • ユーザーのCookieやパラメーターを判別してゴールを発火させる
  • URLは同じだがHTMLが異なるページで、仮想的なページ訪問としてゴールを発火させる

※ページやサイトの仕様によっては計測できない場合もあります。
ご不明な点があればテクニカルサポートまでお尋ね下さい。

 

Question Answer
同じページにトラッキングコードは複数設置することはできますか? できます。
ただし、ページ内のどの箇所がクリックされたかを識別することはできません。あらかじめご了承ください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。