フォローする

スプリット URL

このページについて

このページでは、スプリット URL の設定について説明します。

スプリット URL について

UI エディターを使わず、URL をいくつか用意することでスプリット URL のエクスペリエンスを行うことが可能です。

ページA:http://example.com/index.html
ページB:http://example.com/index2.html
ページC:http://example.com/index3.html

たとえば、上記のような3つの URL があった場合に、スプリット URL のエクスペリエンスでは、それぞれの URL を設定するだけで、リダイレクト型の エクスペリエンスを行うことが可能となります。
リダイレクトなので、ページA/ページB/ページCとあった場合に以下のような遷移を行います。

  1. ページ A にアクセス
  2. ページ A を表示せず、ページ B にリダイレクト
  3. ページ B を表示

※ ページを表示させている PC やスマホの処理速度やインターネット回線などの影響でリダイレクトされるまでに時間がかかってしまい、ページ A が一瞬表示される可能性がございます。

以下のような場合に有効に利用することが可能です。

  • HTML を0から制作しており、エクスペリエンスに UI エディターの使用が不要な場合
  • UI エディターで編集できない、動的な仕組(例えば Ajax)も変更した エクスペリエンスを行いたい場合

例) エクスペリエンス対象のページに Ajax が利用されており、Kaizen Platform のエディターでは対応できないため、スプリット URL を活用した。

例) 入力フォームの項目を変えるエクスペリエンスをしたいが、Kaizen Platform のエディターでは対応できないため、スプリット URL を活用した。

リファラー

スプリット URL では、オリジナルのデザイン案 URL から各デザイン案のページ URL にリダイレクトされるため、各デザイン案のページで取得できるリファラーはオリジナルのデザイン案 URL になります。

各デザイン案 URL でオリジナルのデザイン案 URL のリファラーは、各デザイン案 URL のクエリパラメータ_kzs_referrerにセットされます。このパラメータの名前は Kaizen Tag を読み込むscriptタグにdata-kz-referrer-name属性を設定することで変更することができます。空文字列を指定するとパラメータの追加自体を禁止することができます。

スプリット URL の設定方法

  1. 準備中 の中からスプリット URL のエクスペリエンスを行いたい エクスペリエンスの設定 ボタンをクリックします。
  2. 基本情報 の タイプ から スプリット URL _ をクリックします。
  3. 【エクスペリエンスの設定】→【ターゲットタブ】に移動します。
  4. 【デザインを改善するページのURL】に「テスト対象となるURL」を設定します。
  5. 【上記の対象から除外するURL】に「デザイン案として追加するURL」を設定します。
  6. 右上の 【保存する】ボタンで設定を保存します。
  7. 画面右上の「別デザイン案 URL を登録する」 をクリックすると URL 入力欄が表示されますので、デザイン案となるページの URL を入力し、「デザイン案として追加する」 ボタンをクリックすることでデザイン案の投稿が行えます。

※ 他のエクスペリエンスでゴール設定されているページを、スプリット URL のターゲットに設定しますと、他のエクスペリエンスのゴール計測が実行されなくなりますので、ご注意ください。

_____________-_Kaizen_Platform_4.png

 

Question Answer
タイプを後から変更できないのですが、正しい仕様ですか? デザイン案を投稿しますと、タイプは変更できなくなります。 エディターを利用したエクスペリエンスに切り替えたい場合は、新しくオファーを作成してください。
スプリット URL のエクスペリエンス期間中に、エクスペリエンスを実行しているページに2回目以降に来訪した場合はどうなりますか? 期間中に、訪れたページの情報を Cookie 内に保存しており、エクスペリエンス実行中には同じページを表示するようにしております。 そのため、2回目以降に訪れた場合は、自動的に過去に訪れたページを表示いたします。
スプリット URL エクスペリエンス実行時にブックマークを行った場合の対策方法はありますか? スプリット URL では、エクスペリエンスを URL 別に行っているため、ブックマークをされた場合には、それぞれの URL でブックマークしてしまうことがあります。 そのため、エクスペリエンス期間を過ぎ、ページ A /ページ B /ページ C のうち、ページ B /ページ C は不要になった場合、ページ A にリダイレクトされるようにご設定をすることを推奨しております。
URL が分かれているため、SEO 対策を行いたいのですが、方法はありますか? rel="canonical" を推奨します。詳しくはこちらをご参照ください。
エクスペリエンスの設定画面で設定した URL にパラメーターがある場合、リダイレクトされるページにパラメーターは引き継がれますか? 引き継がれます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。