フォローする

2段階認証の設定方法

 

概要

ここでは、2段階認証の設定方法に加え、2段階認証アプリが正常に動作しない時の対処法を記載します。

2段階認証とは、「ID・パスワード」+ 「認証コード」の2段階の認証を行うことによって不正なログインを防ぐことができる仕組みです。
2段階認証を設定することで、ログインする際に登録してある携帯端末に認証コードが送信されるようになり、認証コードを入力しないと Kaizen Platform にログインできないようになります。

アカウントのセキュリティ向上のためにも、設定することを強くお勧めいたします。

 

目次
設定手順
2段階認証アプリが正常に動作しない場合

 

設定手順

KaizenPlatformにログインした状態で、 https://id.kaizenplatform.net/user_setting/login にアクセスしてください。

 

「ログイン設定」の画面が開くので、スクロールすると、最下部に2段階認証の設定項目があります。

Kaizen_Platform_2021-08-05_14-44-25.png

使用できるアプリは Google AuthenticatorDuo MobileAuthenticator の3つがあります。画面の手順に沿って、設定を行って下さい。

 

1.携帯端末に認証アプリをインストールする

  • Androidの場合: Google Play ストア
  • iOSの場合: App Store

2.携帯端末の認証アプリから設定する

インストールしたアプリケーションを起動し、QR コードを読み取って Kaizen Platform 用のアカウントを登録します。

3.コードを入力

認証アプリに表示される6桁の数字を入力し、 コードを確認する をクリックして下さい。

リカバリーコードについて

2段階認証の登録が済みましたら必ずリカバリーコードをダウンロードして下さい。 リカバリーコードは携帯端末を紛失し2段階認証コードを取得できなくなった際に、 アカウントを復旧するために必要となります。
バックアップコードは2段階認証の登録終了後に、同じく2段階認証のページからダウンロード可能です。

※リカバリーコードのダウンロードを忘れてしまった場合、基本的に2段階認証の解除はできかねます。
必ずダウンロードを行ってください。


Kaizen_Platform_2021-08-05_14-47-16.png

 

2段階認証アプリが正常に動作しない場合

2段階認証の設定ができない、あるいはログインができない場合、下記の手順をお試しください。

 

1. 2段階認証アプリを再起動する

2段階認証アプリが正常に動作していない場合があります。
一度アプリを閉じて、再度起動してください。

 

2. 端末の時計の自動補正機能を有効にする

2段階認証アプリを使用するには、端末の時刻が正常に設定されている必要があります。

2段階認証アプリアプリに表示される認証コードは、30秒ごとに更新されるため、 モバイル端末設定で表示させる時刻設定が「自動タイムゾーン(ネットワークから提供されるタイムゾーン)」に設定されていない場合、数秒差で認証コードが合わない場合があります。

 

以下の手順で、自動タイムゾーン(ネットワークから提供されるタイムゾーン)を有効にしてください

1. 端末の設定を開き「日付と時刻」=> 「自動設定」をONにする

2. ※Google認証システムアプリをお使いの場合、アプリを開き「設定」=>「コードの時刻調整 」=>「今すぐ同期」を選択

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。