フォローする

実行条件

実行条件について

Kaizen Platform JavaScript が設置済みのページを対象に、以下の実行条件機能を利用することができます。
また、以下の実行条件は、ANDまたはOR条件で複数の条件を組み合わせて利用することができます。

 

ブラウザ
  • ユーザーエージェントからブラウザを識別してテストを制御します。
デバイス
  • ユーザーエージェントからデバイスを識別してテストを制御します。
OS
  • ユーザーエージェントからOSを識別してテストを制御します。
Cookie(Kaizen)
  • Kaizen PlatformのCookieに格納されている値をもとにしたテストの制御ができます。
Cookie(カスタム)
  • ページ訪問者のCookieの値を指定してテストを制御することができます。
JavaScriptコード
  • JavaScriptを記載することで自由にテスト実行を制御できます。
言語
  • ユーザーエージェントから言語を識別してテストを制御します。
カスタム
  • Kaizen Platformのカスタムコードで設定した変数を取得し、テストを制御します。

 

「実行条件」の利用例

実行条件機能は、以下のような用途でご利用いただけます。

1)PCユーザーのみをテスト対象とする

2)ログイン済みのCookie情報を保持しているユーザーのみをテスト対象とする

3)Goggle Chromeを利用しているユーザーのみをテスト対象にする

 

「実行条件」の設定方法

実行条件は、いずれも「Experienceの設定 > ターゲット」画面のサイト実行条件より設定します。以下設定方法をご参考に設定してください。

1. 実行条件の「条件グループの追加」ボタンをクリックします。

condition01_01.png


2. 追加された「条件グループ」のプルダウンメニューより設定したい条件を選択します。
例えば「Cookie(
カスタム)」を選択したい時には、下図のプルダウンメニューより該当項目を選択します。
他の実行条件も同様のプルダウンメニューより選択できます。
__________2017-10-20_12_14_02.png

 

「ブラウザ」

実行条件のプルダウンメニューより「ブラウザ」を選択します。
選択したブラウザに「等しい」「等しくない」の2条件より選択できます。
PCユーザーのみをテスト対象としたい場合はWindowsPC/IntelMacを指定、スマートフォンのみの場合はiPhone/Androidを指定してください。

 

「デバイス」

実行条件のプルダウンメニューより「デバイス」を選択します。
選択した端末に「等しい」「等しくない」の2条件より選択できます。



 

 

「OS」
実行条件のプルダウンメニューより「OS」を選択します。
選択したOSに「等しい」「等しくない」の2条件より選択できます。


「Cookie(Kaizen)」
実行条件のプルダウンメニューより「Cookie(Kaizen)」を選択します。
Cookie(Kaizen)は、入力したIDの「エクスペリエンス」or「デザイン案」が対象ページに訪れるまでに実行・表示されたかを「含む」「含まない」より選択できます。
特定のエクスペリエンスの対象になっているページ訪問者をテストから除外する。また特定のエクスペリエンスの対象になっているページ訪問者のみを対象にするといった使い方ができます。
 

「Cookie(カスタム)」

実行条件のプルダウンメニューより「Cookie(カスタム)」を選択します。
Cookie(カスタム)は、サイト内で扱われているCookieの値に合わせていくつかの条件から選択することができます。
会員IDをCookieに保持している場合など、指定の会員IDに対してテストを制御することなども可能です。

 

「言語」

実行条件のプルダウンメニューより「言語」を選択します。
選択した言語に「等しい」「等しくない」の2条件より選択できます。

 

「カスタム」

実行条件のプルダウンメニューより「カスタム」を選択します。
詳しい設定方法は以下を参照ください。
https://support.kaizenplatform.net/hc/ja/articles/206071282




 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。